2017/04:セブン銀行との基本合意

毎日が給料日に!
働いた分の給料の即日振り込みを可能にします
〜セブン銀行の企業向け「リアルタイム振込機能」を活用し2017年秋に即払い給与サービスを提供します〜


 

ドレミング株式会社(以下ドレミング、福岡市中央区、代表取締役社長 桑原 広充)と株式会社セブン銀行(以下セブン銀行、東京都千代田区、代表取締役社長 二子石 謙輔)は、セブン銀行が2017年秋に提供を開始する「リアルタイム振込機能」を活用して、ドレミングが「即払い給与サービス」を提供することで基本合意しましたので、お知らせいたします。

 

 

【基本合意概要】

  • セブン銀行は2017年秋に提供開始する「リアルタイム振込機能」についてドレミングを最初のパートナーとする。
  • ドレミングは「リアルタイム振込機能」を活用して「即払い給与サービス」を提供する。

 

「リアルタイム振込機能」はセブン銀行が企業向けに提供する機能で、振込指示を受けて即時に振込を実行するものです。

ドレミングの「即払い給与サービス」は、従業員が自分の働いた実績に応じて「欲しいタイミング」で給与を受け取ることができるサービスです。新しい給与払いサービスを通じて多様な働き方ニーズに応えることができます。

 

 

【Doreming:即払い給与サービス】

  • 従業員が退勤した瞬間に日次で税・社会保険料を控除し給与の手取り額を算出するサービスで、クラウド型勤怠・給与計算プラットフォーム「Doreming」のリアルタイム給与計算機能を通じて提供される(プラットフォームは無償提供予定)
  • 従業員は働いた実績に応じていつでも給与を受け取ることができる
  • 企業には本サービス利用に関わるシステム利用料などの負担は生じない(振込手数料は発生)

 

【セブン銀行「リアルタイム振込機能」の概要】
  http://www.sevenbank.co.jp/

  • 企業が行う各種振込について、ドレミング等の外部サービス提供者との連携により、セブン銀行が振込指示を受けて即時振込を実行する機能(下の図の④、⑤)
  • 企業は、セブン銀行と連携したドレミング等の外部サービス提供者のサービスを通じて、リアルタイム振込機能を利用する
  • 例えば、企業がリアルタイム振込機能と連携する給与即払いや経費精算事業者のサービスを利用することにより、従業員は当日働いた分の給与をその日のうちに受け取ることや、立替経費の即日精算が可能になる(被仕向銀行や振込指示の時間によっては一部翌営業日になる場合がある)

 

 

APIとは・・・アプリケーション プログラム インターフェイスの略称です。ソフトウェア間の情報や指示等の送受信のルールを定めたもので、APIを利用することでソフトウェア間の機能連携等を安全かつスムーズに行えるようになります。


 

本件は、セブン銀行が2016年にCreww株式会社とともに開催した第一回目の新規事業創出プログラムがきっかけとなり、ドレミングが提案した協業案が採択され、事業化に向けた取り組みです。

 

 

<本件に関するお問い合わせ先>

ドレミング株式会社

http://www.doreming.com/ja/

〒810-0001 福岡市中央区天神1-15-35 レンゴー福岡天神ビル6F

info_jp@doreming.com

 

アーカイブ