Doreming決済
銀行口座を持っていなくても買物ができる決済サービスを世界へ
銀行口座を持っていない労働者20億人に金融サービスを提供する

img_1773-03

● 世界の現状と課題

世界の貧困層の4人に3人が銀行口座を持っておらず、金融サービスを受けることができない金融難民と言われている。 

先進国の移民、難民も同じく銀行口座を持てない人が多く貧困と格差の原因になっている。

国連やボランティアの義援金に頼らないで早く自立してもらいたいと誰もが思っている。

● 解決策

銀行口座が持てなくても、今日まで働いた分の給与(手取額)で買い物ができるFinTechサービスを提供し働くきっかけを提供する。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-15-28-51

● ターゲットユーザー

途上国の労働者 (インド、アフリカ、アジア、南米)

先進国の移民、難民(欧州、アメリカ)

銀行口座を持っていない20億人の労働者

● 目標利用人数 4億人(20億人の20%)

ブルーカラー労働者4億人のソーシャルネットワークを構築する。

Real Time Salary Payment
退勤した瞬間、給与計算を行い手取額を算出し手取額を上限に買物ができ

代金は、給与日に会社の銀行口座からお店の銀行口座に振込む

● Doremingの強みは、リアルタイム給与計算を持っていること

先進国の多くの企業は、給与計算(Payroll)をアウトソーシングしているケースが多い。

リアルタイムに給与計算できるシステムが現状ない。

勤怠集計システムの開発にコストと時間がかかる。

 

※会社毎に計算処理方法が違う(例えば、毎月1日が開始日とは限らない。毎週月曜日が開始曜日とも限らない。土日祝が休日とは限らない。24時が1日の終わりとも限らない。深夜時間帯、残業発生も1日単位、週単位、月単位、年単位等、会社ごとではなく働く人毎に違う、また、10分は、0.166・・で割り切れない。四捨五入、切り捨て、切り上げ、更に月で再計算という会社もある)。言語も通貨の単位も時間帯もサマータイムも考慮する必要があり、例外処理の多さから、一から開発をするとコストも時間も掛かりすぎる。世界で最初にブルーカラー用人事、勤怠、給与計算オールインワンクラウドシステムを作った(1999年サービス開始)キズナジャパンから基本システムを譲り受け、それをカスタマイズしている。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-16-21-56

● 開発した目的

2008年 日本で起こったネットカフェ難民問題、収入の少ない労働者から手数料を取る貧困ビジネスが誕生、そんな環境から一生懸命、這い上がろうとする真面目な労働者を救済するために作ったのが今日まで働いた分の手取額をいつでも自分の操作で振込める「my給サービス」である。

このシステムを世界の金融難民の救済に活用しようと決意、世界標準のブルーカラー労働者専用にカスタマイズした。

こだわりは、真面目に働いている労働者から費用は、一切取らない(0円)

※親が貧困、介護で離職、離婚、死別、移民、難民等訳があって貧困状態(下層所得層)になり会社の給与日まで待てない労働者がいます。その中でも一生懸命働いて這い上がろうとしている労働者に夢と希望を持ってもらいたいからである。

  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-15-34-14  

共感、協業で途上国へビジネス展開
途上国に進出している企業、進出する企業と協業して利用者拡大

労働者に優しい企業には、リアルタイム給与システムを無償提供

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-17-28-21

 

● 金融サービス業と協業

4億人の真面目な労働者が中間所得層に近づいた時、金融サービスを提供したい。それまでは、暖かく見守ってほしい。

金融機関が持ちたくないリスクの高い個人情報のすべてをあえてDoremingが責任を持って預かることにした。(年収、スキル、勤続年数、モラル、評価等、与信に必要な情報)

本人の承諾を得たらその情報をAIを使って審査、融資枠、条件を瞬時に通知、ボタンを押すだけで契約完了、代金回収(給与天引き)もすべてDoremingが代行、4億人の労働者の生活向上を金融サービスで支援する。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b32

 

● モバイルペイメント会社と協業

銀行口座を持っていない人たちの決済手段は、モバイル決済が有効、世界のモバイル決済会社と協業する。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-17-43-23

● 途上国へ進出予定のPOSメーカーと協業

購買のマーケティングデータ(BIGDATA)を共有しAIを使ってどこで誰が何を買うかを予測、4億人のメンバーの中から該当者を見つけ、Web販促を行い契約と販売につなげる。

成果の見えないCMと違い、販売実績をメーカーに提供する。(Doremingは、ショップへ誘導するだけで販売業はしない)

 

2020年までに大きな市場を協業して創る
4億人の給与を使った消費ができるように協業会社と育てる(推定120兆円〜)

農業、土木建設業、製造業、小売業、サービス業で働く4億人のネットワーク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-11-41-24

 

● 世界のVISA,MasterもPayroll Cardをスタート
銀行口座が無くても決済できる事前チャージ型のプリペイドカード決済を応用したカード決済である。
リアルタイム給与と連携すればチャージの必要がないので更に便利になる。

また、プリペイドは、国毎にチャージ上限額やチャージ費用等の法規制があるため、他のカード決済のように急拡大できないという問題があった。

 Doremingは、その問題が解決できる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-20-02-36%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-20-32-17

 

● 4億人のショッピングプラットフォームを用意
AIを使って利用者個人毎にほしくなる商品、サービスをログインした画面に表示できる。
メンバー専用の特別価格なので購入者の出費が抑えられるので実質賃金が増えメンバーの満足度が上がる。

 Doremingは、ショッピング事業はやらない。お客様を誘導するだけなので大手小売業やネットショッピングサイトと協業ができる。

Doreming
最終ゴール 
素直でやる気のある若者(貧しくて大学に行けない)に起業の夢を・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-20-33-21

 

● 現状と課題

先進国の製造業、サービス業(中小企業)は、現地の言葉が話せる人が少ないので海外進出は諦めている。

途上国の若者は、貧困が理由で高い教育を受けられず就労チャンスも少ない。

412

 

● 解決策

先進国では社員教育に熱心、かつ労働者を育てたい、大事にしたいという会社を探す。

途上国では素直でやる気のある若者を探し、会話やビジネスマナーなどのweb教育で支援する。その後、先進国で教育を受ける機会を提供、帰国後の起業・開業に繋げ雇用創出を促す。

Doremingは途上国支援・育成を行う目的で起業、収益はこの社会貢献事業に還元する。

Innovate Finance "GLOBAL SUMMIT 2016"  London 2016 4.11 

TechCrunch Disrupt SF 2016 9.12〜9.14

JETRO TechMatch SF & SV 2016 9.15〜9.16