About Us

ドレミング株式会社のミッションは

貧困格差を減らし
平和で心豊かな社会を築くことです。

私たちが開発するサービスを
様々な地域で多くの人に
快適に安心して使っていただくことを
目標として掲げます。

働くひとには収入の向上と
公正な評価が得られる機会を
企業には収益の向上を
地域には経済的貢献をお約束します。

ストーリー

阪神大震災をきっかけにキズナジャパン 創業(1995年)
地元の高校を卒業後、板前として10年間働いた後に、モスバーガーのフランチャイズを兵庫県で始め、西宮、芦屋、神戸市に3店舗を経営、飲食業で一生を終わるつもりでした。そんな折、阪神大震災に襲われ全店舗とも被災。復旧するのに多額のお金を借りたが、売上半減で経営危機に陥り、一家心中まで考えました。亡くなられたお客様もいて、その中で生かされた自分は、「一度きりの人生、世の中のために生きよう」と決意。外食チェーン時代、「働く者が報われるシステムはできないか?」と常に考えていたこともあり、パート・アルバイトの人たちを公平に評価できる人事・勤怠・給与システムを作ろうと思い立ち、「キズナジャパン」を創業。

経営危機(2001年)
日本初となるASP型勤怠管理システムを完成したにも関わらず、911テロが発生し、増資が全て中止。資金繰りに行き詰まり、2001年の12月末に社員全員を解雇し私だけが残るという事態に。それから資金調達に走り回る毎日で、サラ金からお金を借りて生活するという地獄の日々を過ごすことになりました。スーパーで半額の弁当を持ってレジに並ぶ度に、この弁当は定価ですよと言われたら払えるお金が手元にないのでどうしようかと、いつもヒヤヒヤしていました。そんな窮地に陥っているときに「ソフト化大賞」を受賞。日本初のASP、現在のクラウド型人事、勤怠管理システムが実際に完成していることが評価された。その後、SONYと沖電気にOEM提供し、この窮地を乗り切ることができたのです。

ネットカフェ難民(2008年)
リーマンショックでネットカフェ難民が社会問題になったとき、派遣切りにあった人たちが、住む家を失い、ネットカフェで生活しながら、日雇いや日払いの仕事で生計を立てているのを知り、自分の苦境の時を思い出しました。 その頃、給与の前払いという名目でサラ金の数倍の手数料をとる金融業者が現れているのを知り愕然としました。ネットカフェ難民の人たちを救いたい思いが強くなり、労働者救済のための給与即払い「My給」の開発にあたり、主要株主から猛反対に遭ったが、すべての株を買い取り、一気に1億円以上の借金を背負うことになってでも開発を敢行しました。

銀行口座が当たり前でないベトナム(2013年)
2013年に初めて海外のクライアントにシステムを導入しました。そこは、ベトナムにある従業員4,000人を抱える半導体の工場でした。そこでは、給料は現金手渡しが基本で、給与支給に3日間もかかっていました。なんで給与振込しないのと聞いたら、従業員のほとんどが銀行口座を持っていないと言われ驚きました。このとき、日本では当たり前のことでも、海外では銀行口座を持たない人の方が圧倒的に多いという事実を知りました。

ドレミング設立(2015年)
ベトナムだけでなく、世界には20億人もの成人が銀行口座を持っていないことを知りました。既存の金融システムは銀行口座ありきなので、銀行口座を持たない労働者はお金を借りるために、給与を担保に法外な手数料が掛かるペイデイローンを利用していた。「銀行口座を持たない金融難民を救い、搾取なき社会を作りたい」という理念と希望を具現化するために、「ドレミング」を設立。私たちの理念は、「世界の貧困格差を無くし、労働者が報われる社会」を目指すことです。それを実現するために勤怠・給与管理システムを通して、「労働者の収入の向上」と「公正な評価が得られる機会」を提供しています。

「不退勝位」
あるお寺の住職さんに、「この人は、人生で何回も何回も崖っぷちに立たされることがある。しかし誰かに助けられる。そして最後は成功する。そんな運命を持った人だ。」といって「不退勝位」という言葉を書いてくださいました。1つのことを最後まで一生やり続ければ、必ず成果が表れるという教えで、今でもその言葉を大事にしています。

会社概要

システム管理&保守

ドレミングジャパン株式会社
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-9-17福岡天神フコク生命ビル15F

代表取締役:高崎 義一

2015年6月設立

システム開発

Doreming Pte. Ltd.
1 SCOTTS ROAD
#24-05 SHAW CENTRE
SINGAPORE, 228208

Registration No. 201716937K

CEO : Yoshikazu Takasaki
CTO : Toshiaki Kashiwabara
COO : Masahiro Takasaki

2017年6月設立

知財・システム設計

大夢合同会社
東京都新宿区下宮比町2番18号

代表社員 高崎将紘

2015年12月設立

高崎 義一

代表取締役会長

熊本県出身。1995年の阪神大震災を機に、キズナジャパン株式会社設立。1999年、資金調達を行い日本初のASP型人事、勤怠、給与システムの開発を開始。

2002年、ソフト化大賞を受賞、ソニーや沖電気にOEM提供。2007年、世界初となる給与即払いサービス「My給」を開始。

2015年、福岡市にドレミング株式会社を設立した後、2017年にはドレミングホールディングスをシンガポールで設立。

高崎 将紘

代表取締役 CEO

大阪府出身。ポートランド州立大学を卒業後、大手国際会計事務所で外資系上場企業のアドバイザリー業務を経て、2015年4月に父親が経営するキズナジャパンに入社。

勤怠管理から給与計算、支払いまでを連動させてリアルタイムに管理できるシステムを発展させる社内プロジェクトを立ち上げ、その事業に特化するかたちで同年6月にドレミングを福岡市に設立。

現在はドレミング海外法人の最高経営責任者を務める。

柏原 才昭

代表取締役 CTO

東京都出身。大学卒業後、IT企業にて防犯管理システムやWebアプリケーション開発のソフトウェアエンジニアとして勤務。

2000年よりキズナジャパン株式会社の勤怠給与管理システムの開発・運用に携わり、開発責任者として15年間の経験を積む。

2015年、ドレミング株式会社を設立し現在に至る。