11/30・12/1の2日間、フィンランドのヘルシンキで行われたTechイベント"Slush"にて出展致しました。当日は福岡市のサポートで会場内に設けた「Startup Fukuoka」ブースにて、Doremingをショーケース致しました。多くの方々にブースにお越し頂き、欧州で当社の取組を紹介する貴重な機会となりました。124カ国・17,500人も参加があった世界最大規模の"Slush"、詳細はこちらからどうぞ。

 

欧州の社会保障制度の公平性を高めることを目的にピッチを行いました。

Slushではフィンランドを含む欧州の政府に対してプレゼンを致しました。

欧州では高い税率を基に、充実した社会保障を提供しています。しかし、生活保護を受けている人達が多く、問題になっています。Doremingの提供するシステムは、労働者の収入を増やすことを目的としているため、労働意欲を高めることにも貢献します。

仕事に就くことで、経済的に自立することをDoremingでもサポートします。そして税金を納めること(システム上で税金回収→政府へ)で、国の社会保障を公平に支える仕組みに繋げたいと考えています。

 

img_20161130_105556

Archives